加齢と血液ドロドロの関係

加齢と血液ドロドロの関係

年をとると、様々な要因から血液がドロドロの状態になりやすくなります。そのため、病気にかかりやすくなるリスクも高まってしまうのです。サラサラの血液を維持することができれば、そのぶん病気を抑えることにもつながります。日々の生活に気をつけることで、血液の状態をよくしていきましょう。

 

人間の体を張り巡らしている血管の中を流れる血液は、サラサラの状態だと健康でいられることができます。年をとって気になるのは、水を飲む量が減るということです。喉が渇いたという感覚が鈍くなってしまうこともありますが、トイレに行く回数を減らすために水分をとらないようにしている人もいるでしょう。

 

体内の水分が不足すると、血液がドロドロになってしまいます。
意識して、水分を摂取するようにしたほうがよいのです。

 

年をとると体を動かすのも大変になってくるため、運動する機会が減るでしょう。運動しないと体の新陳代謝が悪くなり、血管が細くなってしまいます。運動をする時間をなかなか見つけられないという人は、できるだけ階段を上がるようにしたり、ちょっとした外出でも徒歩を選ぶようにするとよいでしょう。

 

家の中でできる簡単なストレッチも、毎日続けるためによいかもしれません。自宅にいる時間が増えると、間食をしてしまうという人もいるかもしれません。間食は気をつけないと肥満の原因になってしまいますので、血液サラサラの状態を作るために食べすぎには注意しましょう。

 

また、運動不足や食生活などが原因の血液ドロドロを放っておくと慢性的な高血圧を引き起こしたり、それ以上に危険な動脈硬化や心筋梗塞などの大病を誘発する可能性が高くなります。

 

そのため、血圧を低下させる作用をもつ成分を含んだ食品を摂ることが効果的な改善方法となるわけです。しかし、そのような成分を含んでいる食品は普段の生活からはなかなか食べることが難しいです。

 

そこで、推奨されるのが血圧を低下させる成分であるDHAやEPA、タウリンなどの配合したサプリメントになります。これらを継続して飲むことで効率の良い血圧低下を促進できます。