血液をドロドロにする喫煙

血液をドロドロにする喫煙

喫煙は、サラサラだった血液の状態をドロドロにしてしまいます。タバコには一酸化炭素が含まれ、一酸化炭素が血中で酸素が運ばれるのを阻害してしまうのです。喫煙が体に及ぼす影響は非常に大きく、禁煙の努力をする人が増えてきたほどです。喫煙は、血中の酸素不足状態を作ってしまうことにつながるのです。

 

赤血球は、酸素が足りないと判断すると数を増やしてきます。赤血球は量が増えると、粘りつき塊となって血管の中を流れにくくなってしまいます。そのため、血液ドロドロの状態になってしまうのです。

 

喫煙をすると、体内でホルモンの一種であるアドレナリンが分泌されます。これも、血管を狭くする原因の一つとなってしまいます。血液サラサラの状態にするためには、食生活に注意したりストレスをためないようにしたりする方法があります。

 

しかし、喫煙を続けたままでは、せっかくの努力も水の泡となってしまうかもしれません。血液をドロドロの状態にすることを続けているのですから、当然ですね。禁煙をすることで、他の努力の効果も高まる可能性が高いのです。

 

禁煙するだけで、様々な病気のリスクを低くすることができるのは、このためもあるでしょう。喫煙は百害あって一利なし、と昔からよくいわれてきました。ただ、禁煙することがストレスになってしまってはよくありません。ストレスをためずに禁煙できるように、上手に禁煙グッズなどを利用するとよいでしょう。