血液検査でわかる血液ドロドロ

血液検査でわかる血液ドロドロ

自分の血液がサラサラかドロドロかが気になった場合、検査のために病院に行ってみるのがよいでしょう。専門の機械を使えば、血液の状態をチェックしてもらうことができます。

 

どのような検査が有効かというと、一般的には「マイクロチャンネルアレイ・フローアナライザー」が代表的です。別名「MC-FAN(エムシー・ファン)」とも呼ばれるこの検査は、血液がサラサラかどうかを調べるのに適しています。

 

検査の内容は、人工的に作られた血管の中に血液を入れて、スムーズに流れるかどうかを確認するというものです。「MC-FAN(エムシー・ファン)」を受けたい場合は、病院で検査ができるかどうかを確認してから行ったほうがよいでしょう。全ての病院でこの検査を受けられるとは、限らないからです。

 

「MC-FAN(エムシー・ファン)」は自由診療のため、検査費用が全額自己負担です。つまり、保険が適用されないので検査費用が高くなってしまうのです。注意したいのは、検査での結果が良かったからといって、血液サラサラの状態が持続すると安心してしまうことです。

 

あくまでも検査した時点での血液の状態から出た結果ですから、生活習慣やストレスなどですぐにドロドロの血液になってしまうかもしれません。

 

ドロドロ血は痛風の原因にもなりうるのでしっかり対策しておきたいですね。なので今のうちに自分が痛風かどうかをこちらの痛風の初期症状のサイトで確認しておきましょう。

 

検査で良い結果が出たらそれを維持できるように、悪い結果が出たら改善できるようにする必要があります。今後もサラサラ血液の状態を維持できるように、生活習慣を見直して体に良いことを実践するようにしていきましょう。