運動不足から血液がドロドロに

運動不足から血液がドロドロに

運動は、意識して行うのは難しいと感じている人も多いかもしれません。しかし、サラサラの血液を作るためにも、毎日短時間から運動を取り入れるようにすることが大切です。

 

年をとると運動不足になりやすいことから、高齢者には血液がドロドロの人が多いといわれます。ハードな運動をするのは大変ですが、ウォーキングやストレッチ程度なら毎日続けていくことができるのではないでしょうか。

 

体を動かすと、新陳代謝機能を活性化させることができます。新陳代謝が活発になると、太りにくく痩せやすい体を作ることができます。肥満は血液をドロドロの状態にしてしまいますから、それを防ぐことができれば血液の状態もサラサラにすることができるというわけです。

 

日頃から運動をしている場合でも、正しい運動方法をとっていないと血液ドロドロの状態になってしまう可能性があります。特に、運動をするときに水分をとらずにいるのはいけません。水分を失った血液はドロドロの状態になってしまいますので、体を動かして汗をかいたときには水分補給をこまめにすることが大切なのです。

 

毎日、適度な運動をすることでストレス解消をすることもできます。ストレスがたまっていると、血液がドロドロの状態になりやすいのです。お風呂上りに柔軟体操をするなど、ちょっとしたことから体を動かす機会を作ってみませんか?ただ、運動が苦手な人が無理に運動しようとすることがストレスにつながってしまうこともあります。散歩なども運動になりますから、心がけるようにしましょう。