ストレスからくる血液ドロドロ

ストレスからくる血液ドロドロ

血液をドロドロにしてしまう原因は、たくさんあります。
中でも、ストレスを溜めてしまうと血液ドロドロになるだけでなく悪影響を与えることが多いといわれます。
あまり意識することがないかもしれませんが、ストレスが溜まると自然と体が緊張した状態になってしまいます。
そうなると、血圧は上がってしまいます。
血圧が上がると血液の流れが悪くなり、ドロドロ血液の状態を生んでしまうのです。
ストレスが溜まると汗をかきやすくなるのも、問題です。
汗をかくと体内から水分が失われやすくなるため、サラサラの血液を作りにくくなります。

 

問題は、毎日の生活の中でいかにストレスを抑えるかです。
ストレスは意識しなくてもたまってしまうものであり、上手くストレスを発散させることが大切です。
ストレスを感じても、なるべく溜め込まないようにすることで血液ドロドロになるのを防ぐことができるのです。
生きている限りは、どんなことからもストレスを感じてしまう可能性があります。
なるべく、ストレス発散の機会を作れるように、工夫していくようにしましょう。
人によっても、どんな方法でストレスを発散できるかは違ってきます。
趣味を楽しむ時間を作ったり、軽く体を動かすように心がけましょう。
サラサラの血液を作るためには、十分な睡眠も欠かせません。
睡眠不足は自然とストレスを溜め込んでしまうため、睡眠時間が不足していないか見直してみてください。