血液ドロドロのセルフチェック

血液ドロドロのセルフチェック

健康な体に流れる血液はサラサラで、不健康だとドロドロの血液になってしまいます。
ただ、自分の血液がサラサラかドロドロかは、普段の生活や体調などから何となく想像するくらいしかできないでしょう。
日々の生活を振り返ってみることは、血液の状態を判断するために重要です。
まずは、食生活を見直してみて、血液の状態を考えてみましょう。

 

朝食を食べない人が増えていますが、これは体にとってよくありません。
また、魚や野菜を食べずにお肉ばかり食べていたり、お菓子をたくさん食べていたり、お酒を過剰に飲んでいる人は、注意が必要です。
体を動かす機会が少なかったり、標準よりも太っている人も、気をつけたほうがよいでしょう。
見た目に太っているというだけでなく、健康診断でコレステロール値や血圧が高いことを気にしたことはありませんか?
このとき、体の中では血液がドロドロの状態になっている可能性があります。
血液がドロドロの状態が続くと、疲れがとれにくくなったり、頭痛やめまいを感じやすくなります。
最近体が疲れやすい、だるいというような症状がある場合、血液がドロドロになっているかもしれないのです。

 

血液がサラサラかドロドロかをセルフチェックで判断するのは難しいものの、生活習慣を見直して改善したほうがよさそうだと感じたら、積極的に行動してみてください。
気付いたときから改善していくことで、体調が悪化する前に健康な体を取り戻せるでしょう。
生活習慣はすぐに全転換することは難しいので、少しずつ努力することを続けて血液サラサラの体にするようにしてください。