水分で血液サラサラに

水分で血液サラサラに

血液がドロドロになってしまう原因の一つが、水分不足です。
これは、意外に思う人もいるかもしれません。
栄養や生活習慣に気を付けていても、ついつい水分不足になってしまう人は多いようです。
食事には水分が含まれますが、それだけでは体に必要な水分を補給しきることはできません。
しかも、仕事中には水分を一切とらないという人もいるくらいなので、心配です。
そのような生活を続けていては、どんなに他のことでサラサラ血液を心がけていても無駄になってしまいます。
普段の生活では、できるだけこまめに水分補給を行うようにしましょう。

 

水分補給をしようと、一度のペットボトルからそのままグビグビと一気飲みする人が増えています。
ペットボトルは一気飲みするのに便利ですから、女性でも1リットルや2リットルのボトルを抱え込んで飲んでいる姿が珍しくなくなりました。
しかし、実は体のためには水分はこまめにとるのが良く、一日に2リットル程度を複数回に分けて飲むのがおすすめです。
例えば、朝起きたら1杯、食事の際とその合間に1杯というように飲んでいけば、水分補給が面倒ということもなくなるでしょう。
気を付けてほしいのは、水分補給には利尿作用が強いコーヒーなどは向かないということです。
できれば水で2リットルを飲むようにし、ミネラルウォーターが負担であれば一度沸騰させた水道水をとるようにしてください。
もちろん、甘いジュースなどを大量に飲むのは、肥満につながってしまうので避けましょう。

 

年をとってくると、喉が渇くということに鈍感になり、ついつい水分補給を忘れてしまいます。
飲めば飲むほど血液がサラサラになるということではありませんが、適量を飲むことはとても重要です。
意識して水分を補うようにして、血液サラサラの体づくりをしていきましょう。