薬で血液サラサラに

薬で血液サラサラに

あまりにも血液のドロドロ状態がひどい場合には、病院で治療をすることも可能です。血液ドロドロの状態を放置しておくと、病気を発症してしまう可能性が高くなります。

 

ドロドロの血液は高脂血症や高血圧なども引き起こします。特に高血圧になると改善に時間がかかるため、できるだけ予防・対策をしておくべきです。

 

高血圧の改善は肝臓の働きを助けることが一番であり、その肝臓の働きを助けるために良いのが、牡蠣やしじみなどに含まれるタウリンです。タウリン配合のサプリを紹介しておきますね。

 

タウリンサプリ人気ランキング※効果と副作用ガイド
http://xn--e-neuzbxb5huec3e.net/

 

生活習慣を見直す程度では改善が難しいとなれば、一刻を争うために病院での治療が必要となります。病院で処方される薬として、血液をサラサラにする薬があるのです。

 

その薬の中には、抗血小板薬と呼ばれているものがあります。血小板が活発になりすぎた状態を正常に戻すために、活発化を抑える薬です。

 

代表的なものにアスピリン・チクロピジン・クロピドグレルなどがあり、血小板が固まるのを防いでくれます。

 

抗凝固薬と呼ばれる薬が、使われることもあります。抗凝固薬で代表的なのはワルファリンという薬で、血栓が出来てしまうのを抑えてくれるのです。

 

しかし、血液がサラサラになるのは良いのですが、サラサラになりすぎると困った副作用が起きることもあります。鼻や歯茎から出血して血が止まらなくなったり、内出血などの出血に関係する副作用が主なものです。

 

血小板はもともと血を止める役割がありますから、それを抑えることで出血を招いてしまうのです。これは、医師から指示された量より多く薬を服用してしまったり、飲み忘れが続いてしまった場合などに起こることが多いのです。

 

症状が悪化すると血尿まで出てくることもあり、注意しなければなりません。血液をサラサラにする薬を服用するときには、医師の指示をしっかり守るようにしましょう。