血小板を管理して血液サラサラに

血小板を管理して血液サラサラに

転んだりして怪我をしたときに血が出ても、小さな傷ならすぐに塞がるものですよね。これは、人間の血液の中にある血小板が上手く機能しているからなのです。

 

血小板は、傷ついた血管を塞いで止血する役割を担っています。そのため、血小板の数が少ないと傷口が塞がりにくいという事態になってしまいます。

 

ところが、血小板は数が多ければいいというものでもありません。血小板が増えすぎて働きを強めてしまうと、血管を塞いでしまうことがあるのです。そんなことになったら、サラサラの血液を作るどころか、ドロドロの血液作りを進めてしまっているようなものです。

 

血液サラサラの状態にするためには、赤血球・白血球・血小板が適量で正しい働きをしていることが重要なのです。

 

健康な体の状態でも、血小板には粘着性があります。そのため、量が多くなると互いがくっつきやすくなり、大きな塊になりやすくなります。すると、血管を塞ぎやすくなってしまうというわけです。

 

粘着性と凝固するのを防ぐ食材や方法をとることが、血液をサラサラにするためには大切です。ちょっとした刺激でも、血小板は粘着性が高まってしまいます。

 

そうなると、体に様々な悪影響がもたらされてしまいます。特に、ストレスは血小板の粘着性を高めてしまう非常に大きな原因となります。

 

ストレスは、自覚症状がないままに増えてしまうこともあり、予防は難しいものです。血小板の粘着性や凝固を防ぐ効果のある食べ物などを利用して、日々の生活から血液ドロドロの状態を予防するのがよさそうです。